• HOME
  • 医師会の紹介
  • 医師会からのお知らせ
  • 病院・医院の案内
  • 市民医学講座
  • 休日診療案内
  • 会員ページ

大崎市医師会の紹介

HOME > 大崎市医師会の紹介(ごあいさつ)

ごあいさつ

あの東日本大震災から6年が経ちました。
当地でも復興が一段と進み、災害の爪痕も消えつつあるのは喜ばしいことです。
さて平成27年4月から夜間急患センターが開設され、午後7時15分から10時までの比較的軽度な救急患者さんに対応しております。当医師会はもちろん、加美郡医師会、遠田郡医師会、土曜日は午後3時より東北大病院から医師応援をいただいて診療を行っております。市民の皆様にはこのセンターを、ぜひ適切にご利用くださいますようお願いいたします。
当医師会は附属准看護学校、並びに高等看護学校を運営しております。
地域の深刻な看護師不足に鑑み高等看護学校は3年ほど前に定員を30名から40名に増やしました。両校の生徒・学生の皆さんは在学中、ほとんどが仕事と学業を両立させながら頑張り、准看護師資格試験や看護師国家試験の合格を確実なものにしています。
今後とも大崎市の医療の担い手である看護師の養成は当医師会の使命でございますので、多くの方の志願をお願いする次第であります。

今後さらに進行する高齢社会に対応すべく国や市町村は地域包括ケアシステムの構築をすすめております。当医師会も地域包括ケア推進委員会を設置しどのようなシステムが大崎市にふさわしいか、多くの関連する職種の方々と話し合いながら、現在検討を進めております。

そのためにも皆様には是非かかりつけ医を持っていただきたいと思います。
かかりつけ医が、それぞれの病状に即して各専門クリニックや、特色ある病院群、県北屈指の高度医療機関である大崎市民病院との連携を進めていくことが、地域医療の効率を考える上でも極めて大切と考えております。

少子高齢化のみならず、医師.看護師不足さらには医療費の高騰に伴う国、地方自治体の財政負担の問題など医療をとりまく状況は、この大崎でも厳しいものがあります。困難な道は続きますが、なんとか知恵を絞り、この難局を乗り越えるべく努力してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(平成29年4月)

大崎市医師会の紹介

大崎市の病院・医院
大崎市医師会准看護学校
大崎市医師会高等看護学校
訪問看護ステーション
休日診療案内
大崎市の病院・医院
市民医学講座
かかりつけ医認知症対応力向上研修修了
禁煙外来実施医療機関